スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明暗

息子と甥のデュオ初挑戦が終わりました。

結果は0.2ポイントの差で予選落ちです。

とはいえ、演奏自体は今までのベストを出せたのでないか、と想います。
息子の課題もある程度克服できていたし、予想以上の出来でした。
本当に本番に強いな~、今のところは。

でも、やっぱり1年コンビじゃ、まだまだですね!

ただ、まったく歯が立たなかったという感じではないので、また今後も継続して・・・・やるんですか?先生!






続きを読む »

あと2日、あと3日

あと3日後に大一番を迎えたチャンピオンに会う。

正確には、現場に棟梁がいたら確認したいことがあったので訪ねたら、チャンピオンもいたのだ。
私、バカだよねー。
頑張って下さい、としか言えなかった。
文字でなら、いくらでもかっこいい餞の言葉をひねり出せる。
活字オタクだから。

でも、そんな言葉が消し飛ぶしかないのだ。

頂きに立って、そこに立つ者だけが許されるものを見てきて下さい。

さて、あと2日の息子たち。

こちらは追い込んで追い込んでやれるだけやってみましょう!という感じ。

残り少ない日を有効に使いましょう!

ちょっと母もお疲れ気味ですが頑張りましょう!

前途多難

とうとう先生に言われてしまった

ピアノの以外のことで注意させないでと

真面目に練習させようとすればするほどバトルになるので、あまり口を出さないようにしてる。

かなり、首を傾げたくなるような状態で毎日のレッスンをしていたら、冒頭のようなことになった。

まいったな~

思わず穴を掘って隠れたい気分になった。

始めて1年余りで当然のようにいくつもコンペに出てしまって。

私は発表会やコンペの経験が少ないから、もし早くから人前で弾く楽しさや曲を練っていく面白さがわかったら、もっと違った音楽との関わりが持てたのではないかと思っている。

でも、私がとても得難い経験と考えていることが、今の息子にとっては当たり前すぎる日常なのかもしれない。

少しでいい。

自分で気づいてほしい。
それが大切であることに。

再燃

最近、またキックをみたいなーと思ってます。

でも、チビ連れの身には生観戦は辛い!
いつになったら見に行かれるかな?

見ていない間に、当時の選手は指導者になってました。

今の選手、わからないすー!

いつの間にか格闘技通信は廃刊してるし、ゴン格はなんかオシャレになっているし、すっかりわからないすー!

かなりびっくりしたのが、立嶋篤史「選手」がまだ現役だったこと。
この選手に関しては、絶対キックを辞めたら、世には出ようとしないだろうと思ってました。
ところが、現役で、ジムやって、シングルファーザーしてる!
本当に想像を絶してました!

『追記』
某所よりメールで7/5の大和哲也選手vs裕樹選手のPVのYouTubeの存在を教えてもらったので見てみた。
裕樹選手のコメントの中でやたらと「K1に出るのが夢」「K1ファイター、かっこいいじゃないすか」みたいな部分があり、なんだか違和感。

私の憶えた違和感のもとは、たぶん立嶋篤史です(なんかね~、この人だけは「さん」がつけられない)

かつて、立嶋篤史は、K1フェザー級の開催の時に、思いっきりK1に背を向けた。
自分はキックボクサーだから、キックボクシングをします、K1にはでません、と。
おそらくK1サイドとしては、立嶋篤史、前田憲作、小野寺力、村浜武洋・・・とタレントを勢揃いさせたかったんだろうと思うけれど、立嶋は徹底して拒絶。
また、挑発してくる村浜武洋に対しても、
「だったら、キックボクシングできちんとあがってこい」に終始。
もし、立嶋篤史が、前田憲作、村浜武洋とともにK1フェザー級に出ていたら、どうなっていたんだろう?
魔裟斗の出現を待たずして、K1の軽量級が確立できたのではないだろうか?

実力はあきらかにその後に出てくる鈴木秀明選手の方が上だったと思うのですが、そんな妄想をしてしまうくらい、ある時期の立嶋篤史は面白い存在でした。

今の選手は「Kー1」の存在が当たり前にある。
きっと、生まれたての63kgの選手達はKー1創生期の活気を身にまとって、
7/5に現れてくれると思う。
そのくらい、面白そうな選手がそろったんだと思う。









みとれる♪

昨年末から建てはじまった我が家だが、現在内装系の工場進行中だ。

去年の今頃から夏ぐらいにかけて、ああでもないこうでもないといろんな本をひっくり返しつつ、建築屋さんに何度も図面をひいてもらった。

かなり形になってきて、ようやく私も現場に通うようになった。

義母が毎日のように掃除をしているし、夫もまめに見に行ってるのだが、そこに私まで行ったら船頭多くして船進まずみたいで嫌だなと思っていたのだ。

でも、水回りとか棚とか決める段になって、やっぱり行かないとなあと思い、近頃顔を出すようにしてる。

まだ途中なんだけど、落ち着く色彩になってきて、形になってきていると
我が家、カッコいいなー
と見とれてます。

できたら新居にふさわしく、私も脱・がさつなおかあさんしたいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。