スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試練・。・・なのか?

1学期のころから、なんとなく「合わない」という文脈であるお子さんの名前が出てくることが多かった。
2学期に入って、明白になった。

うちの息子はクラスでおそらく3本の指に入るほど小さい。
女兄弟しかおらず、甥も大人しい子、おばあちゃんが観ている時間が長かったため、アウトドア派というよりもインドア派だ。

そんあ息子がどちらかというとやんちゃタイプの男の子達に眼をつけられて、毎週のように「殴られた」「蹴られた」「うざいって言われた」と言って帰ってくるようになった。

息子にも原因があるのかな・・・とも思うのだが、一緒に下校してくる他のクラスの男の子達(同じ方面へ帰る同学年たちは奇しくも他のクラスの男の子ばかりだ)とは近所で楽しく遊べている。
休みの日など、近所の公園で学年の違う子達とも思う存分走り回って遊んでいるのだ。
だから、息子に原因が・・・とはあまり考えないようにしようと思った。
複数人で、「先生に言うな」と念を押して、その子の嫌がることをする、その卑劣な事実だけで十分だと思う。

とりあえず、先生には連絡帳で「よく観て欲しい:ということをお願いしたが、1学期に少々相手の子達ともめたときの解決の手法に疑問があるため、あまり期待できないと思っている。

なによりイヤだと思っているのが、相手の子の中に空手で全国大会に出場した子がいたことだ。

私は自分が他の武道を嗜んでいた時期があるし、武道の精神というものはいつか何らかの形で息子が身につける機会があったらいいと思っている。
だから、そういう私の武道への憧れや、それがきっかけで自分がやっていなかった空手(伝統派・フルコンそれはそれはいろんな流派複数)や合気道や少林寺拳法の先輩・同輩と親しくさせてもらっていたのだが、その先輩・同輩への想いや彼らを通じて各武道へ払ってきた敬意を踏みにじられたような気分である。

今、よく「いじめられないために武道を習う」ということを聞く。
私も息子のために、一瞬それを考えたし、そういう親が大多数だろう。

そう考えて習わせている親が指導者が必ず言う「習ってきた武道を他人に使ってはいけない」ということを改めて子供に言うだろうか?・・・・・どうだろうか?


とにかく、息子にはなんとか今を切り抜けて欲しいし、そのために私ができることならなんでもする。

スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。