FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子の初挑戦!

先日、Gコンクール予選に息子が出場しました。

否応なしに「出ましょうね~」と先生に微笑まれ、
当時まだ完全にギブスがとれたかとれないかの微妙な時期だったので
「先生、でも、左腕が~」とささやかな抵抗にも
「だいじょうぶ。まだ、時間があるから!」と先生、再度にっこり。
・・・・・という経緯で出場が決まりました。

まあ、同じお教室に通う甥やRちゃん、Yちゃんたち年長グループはみんな一緒に初挑戦だから、
楽しかろう!・・・・と、やぶれかぶれに出場を決めてしまいました。 課題曲はアメージンググレース。

和音も、シャープもフラットもないけれど・・・・・
ないからこそ、かえって難しいような気がする・・・・・というのが出場者ママさんズの印象。
実際、直前のリハーサルではそれぞれに一長一短、どんぐりの背比べです。
我がお教室はリトミック・ソルフェージュのグループレッスンがあるのですが、
ある出場者の女の子は自分のレッスンの後に小学校高学年のグループレッスンがあったので、
お姉さん・お兄さんの前でアメージンググレースを披露することに。
聴いていたお姉さん・お兄さんはとても優しく、いいところも悪いところも指摘してくれたようでした。
さて、我が息子。
自分のリトミックのクラスのあとで、同じ年長~小学校低学年クラスの皆さんの前で披露しましたが・・・
皆さんの忌憚なきご意見が息子にはどこまで通じたのか、よくわかりません(涙)。
みんな通ってきた道なので、手厳しくも、ある意味自分の演奏を省みる機会になっているんでしょうね>他の人の演奏を聴く機会。

さて、本番。
同じ教室からの出場組のなかでちょうど息子は真ん中の順番でした。
知らないお子さんの演奏でも、なぜか必要以上に手に汗握ってしまうのに、
知っているお友達がいつもよりドレスアップして、緊張した顔で登場するので、
心臓がばくばくです。
さて、息子・・・・・・・。ああ、かわりにおかあさんが出たいよ~というくらい私が緊張。
息子はやや緊張した面持ちながら、今持てる精一杯を発揮してくれました。
おかあさんは満足です。本当に満足です。

結果発表。
息子は優秀賞に3点足りない準優秀賞。
息子なりにいい演奏でしたが、審査員の先生方の評にはやはり日頃のレッスンで指摘されるのと同じ課題が指摘されていました。
日常の練習以上のことはできない、ということですね。

同じお教室のみんなはとても優秀でした。
息子ともう1人のお友達以外、みんな優秀賞。ひとりはなんと金賞!
息子はトロフィーがもらえず、号泣しました。
・・・・・・マイペースな息子なので悔し涙はちょっと意外。
でもね、息子くん。
みんなと切磋琢磨していけば、ちゃんとキミも納得のいく成果があげられる日がくると思うよ。

本当に優秀なお友達と指導力の確かな先生に恵まれて、息子は幸せだと思いました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。