スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノの先生探し

我が家は夫がピアノを弾く。
私も一応経験者だ・・・・かな~り遠ざかって久しいが。
義母はなんとしても孫にピアノを習わせるんだと主張している。

で、肝心の息子は、ピアノに興味津々だが、
「なんとしてもピアノを習いたい」という主張にはつながっていない。
これは今のところ、一切習い事をしていないので、
どこかで何かを習うという発想自体がないのではないかと思う。
ただ、幼稚園の先生の話を聞いても、本人を見ていても音楽は好きそうなので、
よし、先生を捜そう!ということになった。

まず、最初に考えたのは、夫と義妹の習っていた先生。
徒歩圏内だし、実績はばっちりだし・・・・と思っていたら、身体を壊され、新規の生徒さんをとるのは
おやめになっていた。
次に、これまた同じ町内の先生で、徒歩圏内だが、もうなくなった方だが、
この先生のお父上と義母が険悪な仲だったという過去があることと
元々のご専門がバイオリンだということ、
そして今後を考えると先生がやや高齢だということでバツ。
ここで徒歩圏内の先生がきえた。

そうなるとなんとか口コミ情報を集めるしかない。
一緒に園バスを待つ年中男子くんはヤマハへ行っている。
ついでに幼稚園は課外でカワイの音楽教室の場所を貸している。
これはどうしても個人の先生が見つからなかったときの最終手段にしようと決める。

私や夫の親しくしている方からは実績や教室の感じはいいのだが、
通うにはいささか遠い先生の情報しか得られない。

また、ピアノの先生探しのサイトを見ても、通える範囲の先生がいない。
個人の先生を捜そうとすると本当に口コミが頼りなんだなあと痛感する。

こうなると頼るのは生まれてこの方ずっと同じ市のずっと同じ地区に住み続けている義母のネットワークだ。
義母は情報通のお友達やずっと家のピアノを調律してもらっている調律師さんにいろいろきいてくれたようだ。
義母は「どういうところで発表会をしているかとかどういう学校を出ているかも教えてねっていったの」と言っていたけれど、考えてみたら私は自分の先生の学歴なんて知らなかったよ・・・・。いや、長い日にはなんとなくわかったけれど、少なくとも習い始めは知らなかったよ。
何はともあれ、義母の集めてくれた情報の中で一番自宅に近い先生に体験レッスンをしていただくことになった。

来週、息子を連れて行ってきます。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。