FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子・レッスン第1回

週に一度、娘のリトミックの後に息子のピアノレッスンをすることになりました。

導入のための教材は以下のとおり。
・ピアノの学校1
・ピアノのドリル導入用
・ぴあのはかせ

いずれも絶対音感トレーニングと同じく、一音会の教材です。

正直、この春から年長で、一応年少から幼稚園で鍵盤ハーモニカをやっている息子には少々ぬるいかな・・・・・と最初は思いました。

ところが、意外にいろいろとできていない!
たとえば、ドの音一つ探すにしても
鍵盤ハーモニカには色分けしたシールを先生が貼ってくれているのでそれを頼りにすればいいけれど、
シールの貼っていないピアノでは若干心許ない。
それから、やはり小柄な息子は足台があってもなんだかふらふらしている(足台買わなくちゃ)。

あと、この教材でやっていく場合、親がある程度弾けると断然進度が違ってくるような印象が。
というのも、簡単な童謡を先生が弾きながら、子どもに指示をしていく感じなんだけれど、
親が弾けると先生とのレッスンが容易にできる。
・・・・で、弾いてみたけれど、私は確かに弾けるけれど・・・ヘ音記号ってどうやって読むんだっけ?状態でした・・・・・・。
私自身もこっそり練習した方が良さそうです。
ついでに、退職したばかりの元・保育士の義妹、私よりブランクの浅い夫は楽勝でした・・・・・。

とりあえずは、朝・登園前と夜・私の帰宅後のレッスンの習慣づけがいちばんかな。
(ところで・・・私はレッスンまでに一度も自宅で復習せずに先生のお宅に行った経験はないです。
短い時間でもとにかくほぼ毎日登校前と帰宅後に必ずレッスンしていました。
一方、夫と義妹は必ずしもそうでなかったらしく・・・・・
やっぱり習う立場としては短い時間ででも毎日やろうよ~と思うのでした。)


ある程度、この教本を進めて行ってから、
バイエルだのバーナムだのメトードローズだの一般的な導入の教材を入れていく予定です。
同時スタートの甥とは違う教材を使う予定なのでそれはそれで楽しみです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。