スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結構、良かったんじゃない?

先日のPコン、今度はソロでの参加でした。

結果は入賞はしたものの地区本選へは進めない「奨励賞」。

う~ん、練習してきた、お気に入りのブルグミュラーがお蔵入りだ・・・・たぶん、どこかでまた弾かなければならない曲だと思うけれど。


でも、息子は初めてのPコン参加。
ステージの上で、2曲弾かなければならない、という形式のコンペも当然初めて。

それを考えると、いつものステージのように、「練習どおり」の息子って結構すごいな~と思う。
練習以上を発揮できることはない。
でも、練習でやってきたことのベストは何とか演奏してこれる。
そして、当然ながら、講評で指摘されるのもレッスンの中で指摘されてきたウィークポイント、なのだ。

そうすると、求められるのは、日頃の練習をどれだけしっかり丁寧にできるか、なんだけれど、
こればかりは自覚の問題です。

本当に、今回はデュオ・ソロともに頑張ったと思う。

お疲れ様。楽しい夏休みにしようね!
スポンサーサイト

明暗

息子と甥のデュオ初挑戦が終わりました。

結果は0.2ポイントの差で予選落ちです。

とはいえ、演奏自体は今までのベストを出せたのでないか、と想います。
息子の課題もある程度克服できていたし、予想以上の出来でした。
本当に本番に強いな~、今のところは。

でも、やっぱり1年コンビじゃ、まだまだですね!

ただ、まったく歯が立たなかったという感じではないので、また今後も継続して・・・・やるんですか?先生!






続きを読む »

あと2日、あと3日

あと3日後に大一番を迎えたチャンピオンに会う。

正確には、現場に棟梁がいたら確認したいことがあったので訪ねたら、チャンピオンもいたのだ。
私、バカだよねー。
頑張って下さい、としか言えなかった。
文字でなら、いくらでもかっこいい餞の言葉をひねり出せる。
活字オタクだから。

でも、そんな言葉が消し飛ぶしかないのだ。

頂きに立って、そこに立つ者だけが許されるものを見てきて下さい。

さて、あと2日の息子たち。

こちらは追い込んで追い込んでやれるだけやってみましょう!という感じ。

残り少ない日を有効に使いましょう!

ちょっと母もお疲れ気味ですが頑張りましょう!

前途多難

とうとう先生に言われてしまった

ピアノの以外のことで注意させないでと

真面目に練習させようとすればするほどバトルになるので、あまり口を出さないようにしてる。

かなり、首を傾げたくなるような状態で毎日のレッスンをしていたら、冒頭のようなことになった。

まいったな~

思わず穴を掘って隠れたい気分になった。

始めて1年余りで当然のようにいくつもコンペに出てしまって。

私は発表会やコンペの経験が少ないから、もし早くから人前で弾く楽しさや曲を練っていく面白さがわかったら、もっと違った音楽との関わりが持てたのではないかと思っている。

でも、私がとても得難い経験と考えていることが、今の息子にとっては当たり前すぎる日常なのかもしれない。

少しでいい。

自分で気づいてほしい。
それが大切であることに。

4曲目の課題曲

先週のレッスンで、やっと息子のPコンクールの課題曲が全曲確定しました。

予選の2曲は6月頭には決まっていたんだけれど、あとの2曲がなかなか決まらず・・・・予選突破しないと弾けないから、どうしても後回しになってしまいました。

それに、そもそも予選でどうしても弾かなくてはならないカテゴリーの曲については、息子はよりによって息子の持ち味が生きにくそうな曲を選んでしまったんです!ああ、別の曲の方がいいとお母さんは思うのですが、申し込んでしまったし、変更はできません。

仕方がないので、残った2曲については、息子の適性と好みを加味した上で、息子を誘導しました。
結果、なんとか1曲については先生の意向と息子の意向が合致した曲に決定。

では残り1曲は・・・・先生?
「ブルグミュラー、にしましょう」
・・・・・今の息子の手では左手の和音がとっても辛そうなので、もっとも可能性が低いと思っていたんですけど?
「他の3曲とのかねあいです」
確かに、他の3曲とのトータルで考えるとあまり似たような曲ばかりでは・・・ということで、ブルグミュラーが残ってしまう。
でも、これ、確か去年の発表会では小学校3年生が弾いていたような・・・・私も小学校2年か3年のことに弾いたような記憶がかすかにあるんですが・・・・。
「大丈夫ですよ(結構、先生はこの一言で平気でチャレンジさせてしまうのだ)。Kくん、来週までに譜読みしておいてね~」
我々の年代のピアノ経験者でブルグミュラー25番をやっていない人間は少ないと思うので、夫にも話をしてみた。
「え、もう、ブルグミュラー弾くの?」
と夫は天を仰ぎました。

地獄の譜読みウィークになるのか?

と、思いきや、意外とスムーズに譜読みだけは進行しました。

どうも今弾いている他の曲に比べて、「曲らしい曲」なので、楽しいようです。

譜読みだけはして・・・ええ、ここからがたいへんだと思います。

そういえば、連弾の本選曲も決まったけれど、こちらは譜読みが進んでおりません(泣)。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。